ドラマ「ビター・ブラッド〜最悪で最強の親子刑事〜」スペシャルエディション

_E0A9979佐藤健さんインタビュー(リード文)
念願の刑事となり、配属された銀座署にいたのは両親の離婚以来疎遠になっていた父・島尾明村(渡部篤郎)。しかも、そんな明村とバディを組むことになり、衝突を繰り返しながらもお互いを認め合っていくという〝最強で最悪の親子刑事〞を演じている佐藤健。
フジテレビの連ドラは初主演となった彼に、作品への思いを直撃した。

佐藤健さん演じる、佐原夏輝(ジュニア)とは?
新米刑事。あだ名はジュニア。困った人を放っておけない誠実で優しい性格。他人のために本気で怒り、本気で涙する人情家。事件の被害者だけでなく、加害者を含めすべての関係者の思いに寄り添い、ときに怒り、ときに涙してしまう。ときには真っすぐ過ぎる性格のために空回りすることも。が、その一生懸命さが伝わって、周囲からはちょっかいを出されながらもかわいがられる存在。恋愛は不器用。13歳の時に両親が離婚。父親が不在の中、母親にも捨てられ実家の祖父母に育てられる。配属になった銀座署刑事課捜査第一係で父・島尾明村と再会、バディとなる。

【媒体名/発行日】
ドラマ「ビター・ブラッド〜最悪で最強の親子刑事〜」スペシャルエディションは、2014年5月31日発行。入手希望の方は、YOUPRESSオフィシャルストアにて受付中!
数量限定配送のため、売り切れの節はご容赦ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です