ドラマ「ビター・ブラッド〜最悪で最強の親子刑事〜」スペシャルエディション

_E0A0759KEIJI(EXILE)さんインタビュー(リード文)
KEIJIが演じる鷹野浩次は、自称〝刑事マニア〟。刑事ドラマ好きが高じて刑事になっただけに犯人への説得の仕方もやたら〝刑事ドラマ風〟で、 鍵山班の中でもっとも刑事っぽくない、いわゆる〝チャラ男〟。またあだ名をつける達人でもあり、鍵山班のメンバーに『チェイサー』『バチェラー』『スカンク』などと命名。ドラマに軽快さをもたらす鷹野を刑事ドラマ初挑戦のKEIJIはどのように捉え、演じているのか。役者としてはもちろん、EXILEのメンバーとしても彼は現在転機を迎えているようだ。

KEIJI(EXILE)さん演じる、鷹野浩次「タカ」とは?
銀座署刑事課捜査第一係の刑事。身体能力が高い。刑事ドラマのマニアで、みんなのあだ名をつけるのが得意。自分はタカと呼ばれている。明るく人なつっこい性格。これまで一番下だった鍵山班に夏輝が入ってきたことを喜ぶ。夏輝にとってはアニキ的存在。

【媒体名/発行日】
ドラマ「ビター・ブラッド〜最悪で最強の親子刑事〜」スペシャルエディションは、2014年5月31日発行。入手希望の方は、YOUPRESSオフィシャルストアにて受付中!
数量限定配送のため、売り切れの節はご容赦ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です