ドラマ「ビター・ブラッド〜最悪で最強の親子刑事〜」スペシャルエディション

_E0A0853-2吹越満さんインタビュー(リード文)
吹越満が演じる稲木俊文「チェイサー」は、自分にも他人にも厳しく、パソコンなどの機械系を使った捜査を得意としている。感情を出すことがなく、つねに彼の顔は無表情。

そんなクールガイを演じている吹越さんの役作りに対する徹底したこだわり、また共演者たちとの思わず笑みがこぼれるエピソードをうかがいました。

吹越満さん演じる、稲木俊文「チェイサー」とは?
銀座署刑事課捜査第一係の刑事。あだ名はチェイサー。尾行や追跡の達人。刑事課で一番ハイテクに強く、情報収集能力に長けている。すべてを理屈でとらえるクールガイで、仲間にも自分にも厳しい。誰も笑っている姿を見たことがない。

【媒体名/発行日】
ドラマ「ビター・ブラッド〜最悪で最強の親子刑事〜」スペシャルエディションは、2014年5月31日発行。入手希望の方は、YOUPRESSオフィシャルストアにて受付中!
数量限定配送のため、売り切れの節はご容赦ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です