ドラマ「ビター・ブラッド〜最悪で最強の親子刑事〜」スペシャルエディション

_E0A9722渡部篤郎さんインタビュー(リード文)
これまで「ケイゾク」や「外事警察」など多くの作品で刑事を演じてきた渡部篤郎だが、今作では「刑事に一番大切なものはジャケットだ」と豪語する風変りな男・島尾明村を熱演。待望のコメディでハジけた芝居を見せる渡部に、作品への意気込みを尋ねてきた。

渡部篤郎さん演じる、島尾明村(ジェントル)とは?
夏輝の父であり、刑事課捜査第一係所属の刑事。あだ名はジェントル。優秀な刑事で、ジャケットプレイ(派手にジャケットを振り回しながら着用したり、バサッと広げて格好つける行為)を得意としている。ファッションへのこだわりが強く、紳士的に振る舞うことを心がけている。潔癖症。周囲から変人と誤解を受けることもあるが、事件解決への情熱は尊敬されている。夏輝が13歳の頃に妻と離婚。それ以来、夏輝とは犬猿の仲のようになっているが、実は常に父親として気にかけていた。かつてバディを殉職させてしまったことがあり、夏輝はそれ以降はじめてのバディ。

【媒体名/発行日】
ドラマ「ビター・ブラッド〜最悪で最強の親子刑事〜」スペシャルエディションは、2014年5月31日発行。入手希望の方は、YOUPRESSオフィシャルストアにて受付中!
数量限定配送のため、売り切れの節はご容赦ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です